> カテゴリ
全体
未分類
> お気に入りブログ
> 殺意認定「感覚と法律で違った」=殺人未遂判決で裁判員−横浜地裁(時事通信)
 知人男性を包丁で刺したとして、殺人未遂などの罪に問われた無職菊池弘被告(51)の裁判員裁判で、横浜地裁(大島隆明裁判長)は25日、懲役6年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。
 弁護側は「男性を脅かすつもりで殺意はなかった」として、傷害罪を適用して執行猶予の判決を求めた。しかし、判決は「鋭利な刃物で人体の中心付近を深く突き刺し、常識的に命の危険があることは分かる」と殺意を認定した。
 判決後の記者会見で、裁判員を務めた30代の男性会社員は「自分の感覚と法律でいう殺意が違った。雰囲気や言動かと思っていたが、残された証拠や証言から、殺意が成立するか考えるということが分かった」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
国選報酬を過大に請求=詐欺容疑で弁護士逮捕
男児暴行死の父、強盗事件で逮捕=880万円奪った疑い
路上強盗、男3人逃走=ナイフ突き付け衣服も
取り調べDVD、裁判員初の再生=強盗殺人公判

伊丹空港問題 橋下知事の話は竜宮城的?(産経新聞)
人気TV番組 秋に復活 鳥人間 再浮上 読売テレビ「予算減っても安全重視」(産経新聞)
【往復書簡】リクルート事件、2人のキーマン(産経新聞)
42歳女性強殺容疑、知人の23歳男を逮捕(読売新聞)
就職 不況に泣く18の春 高校内定率74.8%(毎日新聞)
[PR]
by 1eip2vzzll | 2010-02-28 06:58