> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
拳銃向け「撃つぞ!」加藤被告は「ナイフを落とし、崩れ落ちるように座った」 秋葉原殺傷(産経新聞)
【秋葉原17人殺傷 第9回】(5)

 《引き続き、加藤智大(ともひろ)被告(27)を逮捕した男性警察官に対する証人尋問が行われている。検察官は、証人が加藤被告と対峙(たいじ)したときの状況について質問していく》

 検察官「証人が対峙した男性は、そこに座っている加藤被告ですか」

 証人「はい」

 検察官「対峙したとき、証人はどのような体勢をとりましたか」

 証人「右手にのばした警棒を持ち、警棒の先を加藤被告に向けました」

 検察官「その際、加藤被告はどのような様子でしたか」

 証人「右手にナイフを持ち、左足を前に出していました」

 検察官「2人の距離はどのぐらいでしたか」

 証人「1、2メートルまで迫っていました」

 検察官「証人は加藤被告に対し、なんと話したのですか」

 証人「『ナイフを捨てろ、武器を捨てろ』と言いました」

 検察官「そこで、加藤被告はナイフを捨てましたか」

 証人「いいえ、ナイフの刃先を私に向けた状況でした」

 検察官「それで、加藤被告はどうしたのですか」

 証人「左足を踏み込み、ナイフを私の胸に向かって突き刺してきました」

 検察官「そして、証人はどうしましたか」

 証人「はい、右手に持った警棒を、加藤被告の右腕の付け根めがけて振り下ろしました」

 検察官「ナイフはどうなりましたか」

 証人「私の胸に当たりました。衝撃はありませんでしたが、ガシャンと音がしました」

 検察官「警棒はどうなりましたか」

 証人「加藤被告の左の額にあたりました」

 検察官「ナイフと警棒、どちらが先に当たりましたか」

 証人「ほぼ同時だったと思います」

 検察官「加藤被告はナイフをどうしましたか」

 証人「離さずに持っていました」

 検察官「それでどうしましたか」

 証人「警棒を、横向きの『8』の字を描くように振り回し、威嚇しました」

 検察官「加藤被告はどうでしたか」

 証人「同じように、ナイフを横『8』の字を描くようにして向かってきました」

 《証人は、防護衣を着ていたため加藤被告に刺されずに済んだ。それでも加藤被告はあきらめることなく、証人に対して刃物を向け続けた》

 検察官「威嚇しながら、どうしましたか」

 証人「人の少ない路地に加藤被告を追いつめようとしました」

 検察官「路地に行きましたか」

 証人「はい、警棒で追いつめると、加藤被告は後ずさりしながら路地に入りました」

 検察官「刃先はどこを向いていましたか」

 証人「私の方を向いていました」

 検察官「そこからどうしようと考えましたか」

 証人「警棒を持ち替え、拳銃(けんじゅう)で威嚇することにしました」

 検察官「どのように行いましたか」

 証人「警棒を左手に持ち替え、すぐに腰のサックから右手で拳銃を抜き、銃口を加藤被告に向けました」

 検察官「その際、撃鉄を起こしましたか」

 証人「起こしませんでした」

 検察官「そこで、なんと言ったのですか」

 証人「『ナイフを捨てろ』と言いました。それでもナイフを持ったままでした」

 検察官「それでどうしましたか」

 証人「ひざを曲げて、大きな声で『打つぞ!』と言いました」

 検察官「変化はありましたか」

 証人「はい、加藤被告はナイフを落としました」

 《拳銃を突きつけられ、加藤被告は観念したようだ。法廷の加藤被告は、じっと下を向いている》

 検察官「それで、どうしましたか」

 証人「近づいて、足元のナイフをけりました」

 検察官「それでどうしましたか」

 証人「加藤被告の右手をつかみました」

 検察官「加藤被告の様子はどのようでしたか」

 証人「崩れ落ちるように座ったと思います。それから、左側を下にして寝ころびました」

 検察官「何時でしたか」

 証人「12時35分でした」

 検察官「加藤被告が右手に持っていたナイフは、このナイフですか」

 証人「そうです、そのナイフだと思います」

 《検察官は、ポリ袋に入れられたダガーナイフを取り出し、証人に確認した。ナイフは、片手で簡単に持てるほど小型のナイフだ。加藤被告は気になるのか、珍しく顔を上に向けてナイフを見た》

 検察官「そこで、証人はなんと話したのですか」

 証人「加藤被告に『今までやったことは分かっているな』と話したと思います」

 検察官「加藤被告は答えましたか」

 証人「答えてはいませんが、無言でうなずいたと思います」

 検察官「そのほか、何か話しましたか」

 証人「『持っているものを自分で言ってくれるか』と言いました」

 検察官「それで加藤被告はなんと言ったのですか」

 証人「『ジャケットの内側に折りたたみのナイフが入っています』と言っていました」

 検察官「口調はどのようでしたか」

 証人「普通に、落ち着いた様子で応じてくれました」

 検察官「泣いていましたか」

 証人「涙が出ていたか覚えていませんが、手錠を付けた後は泣いていたように思います」

 検察官「少し前に戻りますが、ナイフを落としたときの加藤被告の表情はどのようでしたか」

 証人「がっかりしたような表情でした」

 =(6)に続く

【関連記事】
(1〜)「突き上げるように次々パンチ」…目撃男性が証言 秋葉原殺傷第9回公判ライブ
秋葉原無差別殺傷 きょう第9回公判 被告取り押さえた警察官が証言
選択したのは自分自身 昨今の派遣の報道は不思議です。
夫婦で万引き容疑で逮捕 夫は「秋葉原で買った」と否認
AKB48「神曲たち」は、新しくて懐かしい王道アイドルソング

結婚にまつわるイベントの、希望と実態(Business Media 誠)
専門看護師の在り方などで議論−文科省検討会(医療介護CBニュース)
ダイヤ鑑定かさ上げ 全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)
黄砂対策、年内にも会議…日中韓環境相会合(読売新聞)
首相、訓練区域や防空識別圏返還に全力(産経新聞)
[PR]
by 1eip2vzzll | 2010-05-27 18:45
顔面に傷、自宅で女性死亡=殺人事件で捜査―兵庫県警(時事通信)
 28日午後6時10分ごろ、兵庫県明石市藤江の民家で女性が倒れているのが見つかった。県警明石署によると、女性はこの民家に住む無職永田陽子さん(48)で、現場で死亡が確認された。顔面などに切り傷があることなどから、同署は殺人事件とみて捜査を始めた。 

【関連ニュース】
腹刺され70歳男性死亡=自宅の庭先、殺人で捜査
男性2人刺され死亡=現場マンションの男を聴取
65歳夫婦、刺され死亡=直前口論の男逃走、親類か
邦人男性射殺される=マニラ
私立高教諭殺害される=自宅玄関で、顔に殴られた跡

小沢氏に再聴取要請=石川議員ら3人も−陸山会規正法違反事件・東京地検(時事通信)
振り込め詐欺急増、撲滅月間を緊急実施 警視庁(産経新聞)
“禁酒法”現代版?WHO、規制強化声明採択へ(読売新聞)
阿久根市長、体協会長職を要求「補助出してる」(読売新聞)
<警察庁長官>「弘道会に打撃を」都道府県警に要請(毎日新聞)
[PR]
by 1eip2vzzll | 2010-05-18 22:59
首相“周回遅れ”ようやく気づいた「現実」 普天間飛行場移設問題(産経新聞)
 ようやく、わが国の首相も“現実”に気づいたということなのか。

 「現実に日米の同盟関係を考えたときに、また、近隣諸国との関係を考えたときに、それ(国外移設)は抑止力という観点から難しいという思いになりました。現実には不可能だ」

 「(県外移設も)なかなか現実問題として難しい」

 鳩山由紀夫首相は沖縄県の仲井真弘多知事との会談で、「現実」という言葉を何度も口にして、県内移設への理解を求めた。

 米軍普天間飛行場の移設問題を語るとき、首相はこれまで「沖縄県民の思い」という抽象的な言葉を多用していた。その「思い」をあまりにも重視しすぎた結果、「現実」に目を背けてきた面は否めないだろう。

 首相が「非現実的」と認めた県外・国外移設案。それを最初にぶち上げたのも、首相自身だ。

 昨年7月、民主党代表として沖縄県沖縄市で衆院選の応援演説に立った首相は、普天間飛行場の移設先を「最低でも県外」と断言。この大風呂敷には、党内からも実現性を懸念する声が上がった。「党の考え方ではなく、私自身の(民主党)代表としての発言だ」。首相が4日、語った通り、同党の衆院選マニフェスト(政権公約)にも明記が見送られている。

 首相は高嶺善伸・県会議長との会談でも「『最低でも県外』と言ったのは事実。ただ、なかなか容易ではないことも、政権を取って日々感じているところだ」と語った。

 そもそも、なぜ「県外」なのか。首相は4日夕、記者団に「学べば学ぶほど、(海兵隊が)連携し抑止力を維持していることが分かった。(考えが)浅かったと言われればその通りかもしれない」と述べた。とすると、「最低でも県外」と発言した当時は、その基本認識すらなかったことになる。あまりにも遅すぎる自省の念だ。

 もはや自業自得の迷走としか言いようがないが、この間、鳩山政権は多くのものを失った。

 政権発足時に7割近くあった内閣支持率が20%台に急落したのは、それこそ自業自得だ。より深刻なのは、各方面から政権そのものに「不信」の2文字を突きつけられていることだ。

 「ちゃんと公約を守ってくれよ」「大変、遺憾だ」

 県会議長との会談で、沖縄に加え一部を鹿児島・徳之島に移設するプランを示した首相に、同席した県議たちの怒声が飛んだ。首相は何も答えず、頭を下げて立ち去るしかなかった。

 普天間問題のもう一方の当事者である米国からも、明確な「ノー」を突きつけられた。4月の核安全保障サミットでは、オバマ大統領との正式な首脳会談すら開けず、米紙には「最大の敗者」と酷評された。

 いくつもの信を失うことで、ようやく現実を直視し始めた鳩山首相。だが、首相が言い出した「5月末の決着」まで、残り1カ月を切った。普天間問題の解決に「職を賭す」と宣言した首相に残された時間は少ない。(船津寛)

【関連記事】
QIP方式は本当に「現行案と同等」? 米軍も慎重姿勢
鳩山首相「おわび行脚」ひたすら低姿勢 言葉はまた“空回り”
名護市長「政府との協議には応じず」
首相「公約というのは選挙の時の等の考え方」
首相「海兵隊が抑止力と思わなかった」

ゴンドラ1時間半宙づり、女性1人が脱水症状(読売新聞)
沖縄県知事、首相の認識は「県民の思いとずれがある」(産経新聞)
子供への性犯罪「前歴者住所」提供で防止は7件(読売新聞)
雑記帳 サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)
首相“周回遅れ”ようやく気づいた「現実」 普天間飛行場移設問題(産経新聞)
[PR]
by 1eip2vzzll | 2010-05-11 17:02
   

釣行日記
by 1eip2vzzll
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧